FC2ブログ
sponsor click

ジオラマのはじめ

■コカコーラの 「 一(はじめ) 」 というペット茶が05年2月あたりに発売されました。

それに、田舎家のワンシーンを模したものと、田舎の茶摘風景を模したオマケがついてます。

昔からオマケ付きに弱かった私は、買うときに何が付いてるかわかる親切設計も手伝って、足掛け1週間で全12種類集めきりました。
茶摘風景の6種は、並べると一連の風景が出来上がるというなかなか凝ったモノ。
かなり微細に着色が施されており、これを塗った中国の作業者の方々に想いを馳せてみる、なんて一風変わった楽しみ方もできます。

目線を近づけたり、並び順を変えて新しい風景を創作したりしてるうちに、写真を撮ってみたくなっちゃいました(笑)。

hajime.bmp

背景の写真をネットから拝借してプリントし、いいアングルを探して撮った1枚がこの写真です。

なかなかいい出来だと思うんですが、どうです?
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

謹製 塩とんこつラーメン@マルちゃん

■久々に美味しいカップラーメンに出会った。

マルちゃんの 「 謹製 塩とんこつラーメン 」 が、それ。

0583S_kinsei-shioton[1].gif

まず、具が秀逸。メンマ、キクラゲ、肉そぼろ (これがジューシー!) 、スープは+特性油でコクを出している。
肉そぼろは日清のと比べても生に近い食感を再現。

まあ宣伝ではないので、リンクは張ってないけど、コンビニで見かけたら是非お買い求めいただきたい。

いつもは、日清カップヌードル醤油味 → 麺をあらかた食べ終わったら、ベビースターラーメンを投入 → (゚Д゚ )ウマー

なジャンクライフまっしぐらなのだが、これはスープの最後の一滴まで飽きさせない 『何か』 がある。

しばらくハマれそうだ。

P.S これ書いた次の日から、近所のコンビニから姿を消してしまった……。寂しいなあ。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

着信アリ2

■05年2月19日(土)

映画 「着信アリ2」 を観てきた。

ダメだね、最近のホラー映画は。

カメラアングルとか、技法に凝ってるのは認めるけど、それの全ては、 「来るべき予定調和」 に収束されてんのだよ。
(あ、次、驚かしシーンくるな) とか (このカメラ目線は、ひょっとして霊の目線か?) みたいな伏線。

観客はストーリーを追うことも忘れて、驚かされる予感と実現した時の驚きに一喜一憂してる気がする。
だから観終わった後に、???マークが頭ん上に浮かんでるんだよ。
ストーリーも不必要に複雑化してるし、それも理不尽極まりないからね。
劇中に追えっこないじゃん。
ホラーってもうチョット心にストレートに響くもんじゃないか?

人は大なり小なり恐怖心てあると思う。
考え (理性) ながら観るホラーは面白くないよね。

昨今は、本能の恐怖心→ジェットコースター的なエンタメに移行してるんじゃないか?

だったら、いっそのことホラー専用のスクリーンを作るべきだと考える。
TDSとかにあるアラジン? みたいに、シートに小細工してトコトン驚かせばいい。
客も恐怖倍増で満足なことだろう。
香りのする映画が昔あったように、ホラー映画もとことん客サービスに徹することが出来るようになるじゃない。

せっかくの休日だったのに、変な映画を観てしまった……この乱文もそこらへんの私の気持ちの現れであるのだろう。

で、結局のところ、肝心の映画のストーリなんてこれっぽっちも心に響かなかった。
原作も読んだが、映画自体に対する疑問の解消にはならなかったな。

そもそも原作本にそういった作用を期待しちゃイカンのだがね~。

救いようがないな。私の恨みも怨霊化しそうだよ。それこそホラーだ。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
sponsor click


twitter #abe02
ggrks
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

quick response code
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。